TURBO

CERO、VADOオリジナルホイール

 

E-bikeの前後車輪は少し特殊で

フロントハブは12mm×110mm

リアハブは12mm×148mm

 

リアハブはMTBと同じ規格になっているので、比較的簡単に手に入りますが、問題はフロントハブです

通常は100mm幅ですが、Besst規格の為、110mm幅になっています

 

でもハブさえ手に入れば

手組みでホイールを組み上げてしまえば快適ホイールの出来上がりです

 

画像の仕様で約9万円になります

リムやスポークの種類によって金額の前後がございます

 

系列店の輪工房野田店のブログでも紹介してあります

こちらから↓

輪工房の店長は今日も遊んでいます

 

 

S-WROKS CREO 納車完了

超軽量E-bikeのCREO

なおハイエンドグレードのS-WROKSモデルのCREOの納車が完了しました

 

 

今回納車したS-WROKS CREO EVO はグラベルタイヤが標準装備

ですが、舗装路しか走らないとのことでロード用のタイヤに交換しました

CREO EVOは標準でドロッパーが装着されています

ドロッパーはサドル高を乗車中に自由に変更ができるアイテム

信号待ちで足を地面につきやすくすることもでき、バイクにまたがるときにも便利

重量増しは避けれないですが、重量はE-bikeに助けてもらえれば問題なしw

 

当店にはCREOの試乗車も準備しております

しかもホイールを2セットあり、ロードタイヤとグラベルタイヤの2種類

どちらでも楽しみ方を知って頂き準備しております

 

大多喜学園E-biekツーリングお疲れ様でした

とーっても天気が良く

自転車日和で気持ちよくライドできたツーリングでした

 

今回のコースはE-bikeならではの楽しみかたで

ひたすら登り登りたまに下り、景色を楽しみ、房総の素掘りトンネル、川のせせらぎは格別で

E-bikeじゃないと行きたくないなと思うコースレイアウト

登りは急勾配でも心拍はそこまであがらず、おしゃべりしながら、景色を眺めながらと自転車を漕ぐことに

一生懸命になるのではなく、他に余裕ができるので視界が広がります

特別にペダルバイクも解禁しましたが、アスファルトとひらめっこしながら走る方もいましたw

ほんとにお疲れ様です

 

 

ライドのしめは川渡り

沈下橋と言われる橋で

自分は人生で初めて見た橋でした。しかも、ここを渡ります

ライドのドロ汚れをここで洗い流します

 

大多喜ライド写真集

大人の旅カスタムしてみました

CREO SL COMP CARBON EVO を旅カスタムしてみました

 

APDURAの高機能ツーリングバックに夢をいっぱい積んで旅に出ましょう

 

 

 

APIDURAはラックやパニアを必要としないので自転車を手軽に旅仕様へと早変わりさせることが出来ます

大きすぎづ小さすぎないちょうどいいサイズ感のバックを豊富に展開しているので気になってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

質の高さにも定評がありスタッフ上田のお墨付きです

 

気になる方おられましたら是非店頭へ足を運んで見てください

TAILWIND  スタイルなパニアバック

スタイリッシュな見た目のパニアバック
風の抵抗減らし、バッテリーの消耗を軽減
他社のバックに比べバッテリーの消費量を6%抑えます。

 


取り付け取り外しもとても簡単。ファスナーも上面から側面にかけて大きくあるので中にあるものが確認しやすく、取り出しやすくなっています


今なら
左右セットでカラー違いが在庫あります
展示車に取り付けをしてありますので、もしよかったら見てください

 2021年12月18日
新製品の案内やイベント情報、気になるトピックスを当店スタッフがお届けいたします。
最近の投稿
月別アーカイブ
キーワード
スマホアプリ

新製品情報やイベント情報が
スマホに届きます!
お買上げごとにポイントが
貯まるお得なアプリです。