SHIMANO

ブレーキパットまだ大丈夫そう?

とても暖かくなり、風も穏やかになり

自転車日和が続く頃ごろ

冬シーズンは自転車冬眠して、これからはよし乗るぞとなる方も多いいのではないかと

乗る前にブレーキの確認や変速の確認を行いましょう

そこで今回はブレーキパットまだ大丈夫そうですか?

ブレーキパットは消耗品のひとつ

パットをすり減らしながら、制動するもの。すなわちブレーキの要になります

 

当店には数多くのブレーキパットを在庫してあります

ブレーキパットにはレジンパットやメタルパット、セミメタルパット、フィン付きモデル

と種類があります

その中で、どのパットがライダーの使い方にあっているのかを紹介したと思います

 

 

レジンパットの特徴

初動からブレーキのかかりよく

イメージ通りの制動力加減がしやすく

音鳴りがしづらい特性があります

ロードバイク、クロスバイクに多く使われています

 

メタルパットの特徴

レジンパットと異なり初動のブレーキのかかりが弱く

ブレーキパットに熱がこもり始めてからぐっとブレーキ力が高くなります

レジンパットとは制動力加減のイメージがつかみづらい

音鳴りもしやすい特性があります

ブレーキパットの消耗が少ないの特徴

MTBに多く使われています

 

セミメタルの特徴

レジンパットの初動の良さとメタルパットのブレーキ力のもあり

レジンとメタルの合いの子パット

ロードバイク、MTBどちらで使用してる方がいる印象です

 

フィン付きパット

放熱性能が優れ長い間ブレーキをかけても音鳴りが少ない

ブレーキに熱がこもりすぎると音鳴りがしやすくなります

ロードバイク、MTBでどちらもおすすめです

 

ブレーキパットの種類ごとの特徴をまとめました

レジンとメタルどちらも自分で使いましたが

それぞれの良いところ悪いところが存在しました

ライダーの求める乗り方などで選択できればブレーキング動作も楽しくなります

特に自分はブレーキング動作が好きで

カーブがあるごとにブレーキ調整を変えて楽しんでいます

 

パット選びでお困りの際は当店にご来店頂ければ

お助けができるかと思います

 

ご来店お待ちしております

ブレーキローター交換時期かもしれません

 

 

自転車のブレーキローターは消耗していませんか?

ブレーキはスピードのコントロールを行ったり、赤信号でしっかりと止まるために重要なパーツです。

安全のため定期的にチェックしましょう。

ブレーキローターを挟み込むことで制動力が発生していますが、何度もブレーキを掛けるとブレーキローターが消耗します。

消耗し表面が削れて薄くなるとローターが変形して異音が発生したり、表面に汚れが焼き付きブレーキの制動力が落ちます。

SHIMANOの推奨ではローターの厚さが1.5mmなると交換。

交換時期ぎりぎりではなく早め早めの交換をオススメします。

RT-MT800とRT-MT900の在庫が豊富にございます。

RT-MT900は表面の塗装に高放熱ペイントを使用しているので、冷却性能に優れていてより安定したブレーキを行えます。

ブレーキローターが消耗している、長らく交換していない、アップグレードを考えている方お待ちしております。

 

新製品の案内やイベント情報、気になるトピックスを当店スタッフがお届けいたします。
最近の投稿
月別アーカイブ
キーワード
スマホアプリ

新製品情報やイベント情報が
スマホに届きます!
お買上げごとにポイントが
貯まるお得なアプリです。