流山市

定休日の山ライドへ

 

お店の定休日 晴れた天気のいい日

自転車の乗りに筑波山へ

 

ライド準備中に同業者に遭遇

同業者はお客様とライドとのことで、そちらのライドに混ぜていただきました

 

 

路面コンディションがとてもよく、しっかりグリップ

4人中3人はE-bikeで登りは快適談笑、下りでは本気で楽しむ

 

 

合計で4回分の下りにアタック

唯一のペダルバイクのかたは、後半E-bikeのペースについてこれず

登りでは少し差がついてしまいました

とはいえ、ペダルバイクの方はエクステラ(オフロードトライアスロン)に挑戦されており体力は十分にある

 

体力がないから自転車を諦めているのは勿体無い

体力のあるないに左右されないのがE-bike

 

2月22日 木曜日 CREO SL(VADO SL)で河津桜ツーリング

2月22日、平日ですが、CREO SLで、河津サクラを見に行く、ツーリングを開催します  雨天中止

参加希望者は、スペシャライズドおおたかの森まで、メールまたは、お電話でご連絡ください
CREO VADO で走りましょう 
購入店舗は問いません CREO SLのツーリングコミュニティー 作りましょう
集合場所は22日9時修善寺駅 距離は80キロ 累積標高約1600m  予備バッテリーは必要です

ソメイヨシノより一月近く先に咲く、ピンク色の濃い桜
この方角から見る景色、実際にはもっと感動です

険しい山と、海に囲まれた伊豆の道を、CREO SLで楽しみます

河津町の観光協会情報では、河津桜のピークは20日前後になる予定だそうです
もちろん気温が予想より高かったりすれば、もう少し早い場合もありますが・・・ その時にはサイクリングを楽しみましょうe-Bikeの有利性
例えばこの場所の画像 ループ橋の途中から、桜並木を見下ろす
車や、オートバイでは、停めることもできない、ペダルバイクでは意外と、余裕がない

修善寺駅がスタート
電車でもいいけど、今回は車で修善寺まで ルートは峠を越えて伊豆高原辺りへ下って、河津へ
川沿いに登って、ループ橋から、天城トンネル そして修善寺へ戻るルート
約80キロで、1600mアップ
なかなかな山岳サイクリングに

もちろん海辺の風景も楽しめます

CREO SLと書きましたが、VADO SLでもOKです

1600㎡上るので、レンジエクステンダー(予備バッテリー)は、あったほうが楽に走れます

CREO SL Mサイズ 1台レンタルできます 1日8000円

 

 

海も、山も、多少の雪道も、グラベルも
CREO SLは、万能e-Bike ぜひ手に入れましょう

 

 

サスペンションのオーバーホール

この頃、MTBバイクのサスペンションオーバーホールの依頼を少々いただいております

冬になると少し難しめの作業が多くなるのは業界共通認識と思っておますw

バイクのオーバーホールやサスペンションオーバーホールなど

 

 

サスペンションは乗車中、常に動作しております

乗車時間100時間 または1年ほどでオーバーホールすることが推奨となっております

 

オーバーホールをすることでサスペンションの動きがよくなる

サスペンションのダンパーオイルも交換するため、ダンパーの能力をしっかり発揮します

 

乗るだけではなくバイクの健康診断もしっかり行ってくださいね

バイクオーバーホールやサスペンションオーバーホールのご相談お待ちしおります

 

冬こそeBIKE LEBO SLで、テクニックを磨く

田口です LEVO SLが最高に楽しい季節
specializedおおたかの森には、試乗車があり、今ならサイズも選べます
すぐに手に入れて、冬のeMTBを楽しみましょう

フジヤマパワーライン の、MTBコースを走ってきました東京電力の、送電線の巡視路に作った、MTB専用コース

今回は、業界人ツーリングで、お誘いいただきました

マウンテンバイクの常設コース

地元でも巡視路は少し走るので、簡単なコースかと、油断してましたが、
広い敷地の中にも、コースにできる場所は限られていて、アップダウンのある場所はテクニカル
全体的にスピードの乗る、楽しいコース通常は、土日祝日だけ、営業ですが、特別に火曜日に走らせてもらいました

7キロで、約200Mを下っていくルート
下り終わったら、もちろん登ってくる
7キロ、約200Mの下り、テクニカルな登り返しも多数あり

後半の下った分の登り返しての、駐車場までのサイクリングなので、断然eBIKEがおすすめ
コースには用意されていないが、近くにレンタルもあるので、借りて走るのもおすすめ

冬でも雪が少ないので、フジテンなどの常設コースが開いていない、この季節におすすめ

Fujiyama Power-line Trail ®

サドルでお悩み?解決のお助けいたします

サドルでお悩みの方は多くいらっしゃると思います

サドルの悩みは人それぞれ

 

 

多くの悩みはお尻の骨(坐骨)の痛みが多いい

股間に圧迫や内ももの擦れ、サドル先端あたりの痺れなどなど

 

サドルの悩みは人それぞれだなと対応して思う

私はお尻の骨の痛みがありました

それは坐骨幅を適正にすることで解決しまた

 

 

当店では多くのお試し用サドルの準備を整えております

それらは、フィッティングマシーンを使ってサドルのお試し可能です

サドルの幅からモデル、グレードを即座に変更することで、サドルごと違い確認する

ライダーがサドルの違いを認識することで、サドル選択がしやすくなる

 

お尻の痛みはある程度妥協点があります

長距離ライド中の痛みは発生します

例えば150キロ以上の走行で痛みを軽減したいとゆう要望にお答えできるサドルは少ないでしょう

どんなに優秀なサドルでもお尻を圧迫している

圧迫による痛みは発生する

 

10〜20キロ程度で発生する痛みはお尻の痛みはサドルの選択で解決が見込めます

痛みに慣れたらとよく聞きますがそれは根性論の話で、人間工学に基づいて設計したものを使うことで痛みの軽減が初めて見込めます

 

ご相談お待ちしております

 

 

 

新製品の案内やイベント情報、気になるトピックスを当店スタッフがお届けいたします。
最近の投稿
月別アーカイブ
キーワード
スマホアプリ

新製品情報やイベント情報が
スマホに届きます!
お買上げごとにポイントが
貯まるお得なアプリです。