カーボンドライジャパン“FENIX”

CDJ RUBBER PAINT PROTECTION “FENIX” のご紹介

バイクに傷がつきずらくなるコーティングとなっております

 

傷がつきずらくなるコーティングはよく聞く

それは当店でも施工おこなっておりますガラスの鎧も同じく、傷が付きづらくなります

一般的にコーティングは数ミクロンとゆう極薄のコーティングいなっているため、数ミクロンとゆう壁を超えたら当然傷はつく

 

FENIXは違う

コーティングとゆうよりも塗装に近いものになります

イメージしやすいのはチェーンスティに貼ってある、透明のプロテクターを想像してくだい

↓透明のプロテクターイメージ

DSC_0130

 

このような透明のプロテクターをフレーム全体に繋ぎ目なくコーティングを行います

 

FENIXのサンプルを頂いたので、そちらをアップで撮影

こちらをご覧いただくとわかりやくなっております

膜みたいなものがFENIXになります

これはコーティングではなく、塗装とゆうのがお分かりです

塗装よりも硬度なく、柔軟性があります

 

メーカーさんのサンプルになります

サンプル品はとてわかりやすいようになっております

 

コーティングではないですよね

 

バイクに傷つけたくない

それはみんな同じ

傷をつけたいと思う方は少ないと思う

 

FENIXの施工料金は高いがとても効果を実感するものになっている

施工料金 110,000円(税込)〜

となっております

 

詳細は下記URLよりご確認ください

https://carbondryjapan.com/cycle/detail/189

 

ご依頼お待ちしております

 

新製品の案内やイベント情報、気になるトピックスを当店スタッフがお届けいたします。
最近のブログ投稿
スマホアプリ

新製品情報やイベント情報が
スマホに届きます!
お買上げごとにポイントが
貯まるお得なアプリです。